小児科
小児科
子育てワンポイントアドバイス
新生児聴覚スクリーニング検査
育児支援外来
摂食障害や心身症への対応
歯科健診及びフッ素塗布について
小児科訪問診療
小児在宅支援マップ
予防接種
 
ドクター井口の小児科ニュースBlog

子育てワンポイントアドバイス

 
今後の参考になることをまとめてみました。
 
     
 

赤ちゃんのケアの参考に

 
 
入浴
 
1ヶ月健診後より一緒に入っていただいてよいです。一番風呂にしましょう。
沐浴剤ではなく石鹸で顔も体も洗ってあげてください。1〜2ヶ月の子はよく湿疹ができやすいので、きれいに汚れをとることが大切です。洗い場にお風呂マットでもあればお湯をかけて温めてから赤ちゃんを寝かせて洗うと洗いやすいですよ。耳に水が入っても中耳炎になるわけではありません。
お風呂の水を飲んでも命に関わったり感染を起こすことはまずありません。洗うのはガーゼでもいいですが、お父様やお母様の手で石鹸をよくあわ立てて、手で手で洗ってあげるのもよいですよ。
 
母乳
 
完全母乳の方はミルクをあまり足そうと思わない方がよいです。赤ちゃんの飲むのに任せておけばまずうまくいきます。6ヶ月くらいまで母乳だけで果汁などもいりません。混合やミルクの方も果汁を飲ませる必要はありません。
 
母乳とお薬
 
かぜ薬などお母様がお薬を服用するとおっぱいにお薬が出てきます。しかし、微量なのでほとんどのお薬は母乳は飲ませていただいて構いません。市販のかぜ薬や鎮痛剤もまず問題ありません。服用の際は一度ご相談ください。
 
泣く
 
夕方から夜にかけてすごい泣き方で泣き止まず、お腹でも痛いのではと心配になることが結構あります。
とんでもなく泣く時はまず大きな病気はないことがほとんどで、コリック(臍せん痛)と昔から言われています。嘔吐や38℃以上の発熱などがなければ心配ないでしょう。
 
便が出ない
 
時々便が2〜3日とか出なくなることがあります。3日目には綿棒浣腸をやってみましょう。大人用の耳掃除する綿棒で先にベビーオイルをたっぷりつけて肛門 に綿棒を半分の長さが入るくらい入れてぐりぐりと刺激します。腸が破れるようなことはないですからご安心を。数分やっていると便が出てくることが多いで す。出ないようなら受診してください。便はたまる癖がついてしまいますから出す癖をつけることが大切。ためらわず、綿棒浣腸を。
 
湿疹
 
顔から首にかけて1〜2ヶ月の間出ることが多いです。にきびのようなものです。石鹸で洗ってひどくなるようなら軟膏をつけてもらうので見せてください。すでに湿疹のぬり薬などを持っている方はお風呂上りと朝起きた時につけるといいですよ。
 
かぜ
 
家族でかぜをひいていると赤ちゃんもかぜをひろうことがあります。
注意する症状は3つです。

  @ 38℃以上の熱
  A いつもの半分くらいしか母乳やミルクを飲まなくなる(食欲が落ちる)
  B 咳き込みが強くなる

このどれかの症状がなければ心配いりません。
 
鼻づまり
 
赤ちゃんの鼻づまりは普通です。飲めなくなるような鼻づまりはいけませんがそれ以外は心配ありません。冬になると特に多いです。湿気を吸うと少しよいので 加湿する、入浴するなどがよいです。鼻くそは外に出てきたのは取れますが奥のは取れないので無理せず様子を見ていればよいです。
 
外出
 
外出は基本的に2ヶ月くらいからがめどです。ただしデパートや人ごみに出かけるのは感染をひろいやすくなるので止めておきましょう。外気にあてるのは1ヶ月くらいからがめどです。
 
テレビ・ビデオ
 
ずっとテレビがついていると子どもはどうしても関心を持ってテレビ漬けになりやすいです。テレビを見る時間が長時間になると言葉の発達やコミュニケーションの遅れる子が多くなります。テレビのつけっぱなしはやめましょう。
 
 
▲PageTop  

乳幼児の子育ての参考に

 
 
指しゃぶりについて
 
胎児はおなかの中でも指しゃぶりをしているそうです。歯並びを心配して指しゃぶりを止めさせなくていいのかと時々相談を受けます。
しかし、ほとんどの場合は問題のないことが多いのです。赤ちゃんの癖のようなものと考えておくとよいと思います。子どもも大人も癖の類は何とかやめようと思えば思うほどよけいにやめられないものですね。そのままでいいんです。指しゃぶりの自然経過は1〜2歳を過ぎると気持ちや興味が外へ向いてきて自然に減ってくるものです。さらに、3〜4歳になり集団への参加も加わってくるとさらに減ってきます。ですから無理にやめさせようなんて思わず、一時的な心の安らぎの時間と考えてはいかがでしょう。
また、育児のとても参考になる「Drブラゼルトンの子どもの心がきこえますか?」(医歯薬出版 2200円)では、こんな風に書いてあります。「活発で感受性の高い赤ちゃんを持つ親は指しゃぶりが赤ちゃんの平静を保つのに重要な手段であるのにしばしば気がつきます。きわめて活発で過敏な子は多くの子どもたちがする以上にこうした方法を平静を保つ方法として必要なのです。」5〜6歳まで指しゃぶりを続ける子は少ないこと、親が介入してこうしたパターンを止めさせようとする場合に、赤ちゃんの不安を強め、「くせ」を続かせているように思える、とも書いてあります。
指しゃぶりは乳児期にある意味で自然なむしろ望ましい行動とも言えるでしょう。
もし、5〜6歳になっても指しゃぶりばかりで他の遊びに興味を示さない子どもについてはご相談ください。
 
乳幼児のひっつき虫
 
結構お母様にべったりの状態から少しはなれて一人で遊んだり、他の子と遊べれたりしていた子が、熱を出したり怖いことがあったりして、その後急にお母様にまたべったりとくっついてはなれなくなってしまうことがあります。お母様にしてみると、どうしてって言う気持ちでなんとか前のようになってほしいと引き離そうとしたりします。子どもはそうするとよけいにしがみつきが強くなってしまいます。
これは、誰でもあることですが、不安になったり体調が悪くなったりすると、安心できる人の元に行って安心感を回復しようとするものです。不安になっているのに引き離されようとしたらさらに不安になりますよね。このような時は十分安心するまで受け止めてあげてください。安心すると前のように活発になって自然と距離が取れるようになります。のんびりやりましょう。
 
赤ちゃんの包茎
 
時々、乳児健診や外来で、子どものちんちんをむいた方がよいかどうか質問を受けます。
正直な話、お母様がどうしてそんなに心配するのだろうとやや不思議にも思いますが、まあ、経験のないものがついているし、様々なうわさが飛んでいるので気になるのでしょうね。
ある人が調べたデータによると赤ちゃんの20%は真性包茎、残りの80%が仮性包茎で、10歳になって調べると真性は2〜3%、仮性は10%以下だということです。手術などの処置を必要とするのは、尿が出る時に皮の先端が風船のようにふくれたり、ちんちんから膿が出るようなこと(包皮亀頭炎)を繰り返す場合と考えておくとよいです。
ちなみに皮をむかれると皮が裂けてとても痛いですよ。わかってくださいよ。
 
 
▲PageTop  
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved