無痛分娩

 
無痛分娩の良いところ   当院の無痛分娩の実際   副作用について
申込み方法・費用        
 
 
当院ではご希望された産婦さんに、硬膜外麻酔による無痛分娩を行っています。
分娩時の痛み(産痛)は、陣痛の開始から始まる子宮収縮の痛みと、胎児の先進部が下降してきて子宮口が圧迫・拡張される開口痛から起こります。痛みの感じ方には個人差もありますが、産痛や、分娩に対する不安や恐怖といったストレスが分娩の進行を遅らせる原因になることもあります。そのため、産痛を適切な方法で軽減することは、安全な分娩を行うための一つの方法とも考えられます。
 
初めての出産を迎えられる妊婦さんの中には、「陣痛に耐える自信がない」「陣痛が怖くて仕方ない」といった方が、また経産婦さんの中には、「前回の陣痛が辛くて・・・」「緊張して思うように進まなかった」と言われる方もいらっしゃると思います。そのような方が少しでも落ち着いて『自分流のお産』をしていただくための方法の一つが無痛分娩です。しかし、無痛と言ってもある程度の圧迫感は残り、完全無痛が得られるわけではありません。また、麻酔薬の効果には、個人差があります。
なお当院では、原則として自然陣痛の発来を待ってから無痛分娩を始めるため、夜間入院の場合、すぐにご希望に添えないこともありますのでご了承ください。
 
 
▲PageTop  

無痛分娩の良いところ

 
  局所麻酔のため、意識ははっきりし、産痛だけを和らげます。
胎児への薬物の影響がほとんどありません。
筋の緊張がとれ、また、痛みが和らぐことでリラックスしてお産に臨めます。
 
 
▲PageTop  

当院の無痛分娩の実際

 
 
1.  
一般的に、陣痛が開始され痛みの自制が効かなくなってきた頃に行います。
2.  
麻酔により、血圧が低くなったり、気分が悪くなってしまう可能性もあるため、点滴を行います。
3.  
背中側から、背骨と背骨の間に専用の針で穿刺し硬膜外腔に細いチューブを挿入し、麻酔薬を持続的に注入していきます。
4.  
無痛を行っている間は、異常の早期発見のため血圧測定や状態の観察を、医師・助産師・看護師が随時行います。
5.  
麻酔が効いてくると同時に子宮の収縮は感じても痛みは感じにくくなります。
 
 
▲PageTop  

副作用について

 
  血圧低下がおきる場合があるので、出産まで点滴をおこないます。いきみが十分でないため、出産時、何らかの産科的処置(吸引分娩・鉗子分娩など)が必要になることがあります。その他、頭痛、気分不快、吐き気などがあります。
合併症・硬膜穿刺後頭痛(1%以下)、血腫や神経障害(1/150000)
 
 
▲PageTop  

申し込み方法・費用

 
 
無痛分娩を受けるには、同意書が必要になります。
  ご希望される方は『バースプラン』を立てられる際に選択してください。
『バースプラン』を提出していただいた時に、医師から説明をし、同意書をお渡しします。ご本人とパートナー(お母様でも可)の署名をして、入院時にご提出ください。
費用について
  麻酔処置料として別途80,000円かかります。
 
 
▲PageTop  
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved