小児科
小児科
子育てワンポイントアドバイス
新生児聴覚スクリーニング検査
育児支援外来
摂食障害や心身症への対応
歯科健診及びフッ素塗布について
小児科訪問診療
小児在宅支援マップ
予防接種
 
ドクター井口の小児科ニュースBlog

摂食障害や心身症への対応

 
摂食障害について   心身症について   発達障害について
 
 
当院の小児科の特徴として摂食障害や心身症、発達障害の診療を行っています。外来は井口と関口、心理士の山本と川西が担当しています。入院治療(中学生以上は女子に限ります)も行っています。
 
 

摂食障害について

 
 
きっかけとして、ダイエットから始まることが多いですが、ストレスで食べられなくなったり、様々な要因で始まることが多いです。
治療の第一歩は太らない食事を食べて、日常生活が送れることです。そのためには最低1000から1200キロカロリーの食事が食べられないと学校生活も含めて送れません。外来で約束した体重維持ができればよいのですが、どんどんやせていってしまえば、死にいたる病気なので、入院治療が必要です。
入院治療は食べることへの恐怖を克服して最低限の体重の増えない食事(1000〜1200キロカロリー)を思い切って食べられるようになり、病気がかけてくる脅し(食べると太るぞーとか)に負けず、まずは維持していけることです。ですから食事療法がとても大切です。その恐怖や脅しに負けないように説明や説得、応援・サポートをしていきます。それでも食べられない(意識的に食べられなかったり、胃腸の機能が落ちて食べられなかったりもします)場合は、経管栄養を行います。当院では中心静脈栄養は行っていません。
そうこうするうちに、今までに持ち越してきた心理的な課題を克服していったり、発達のやり直しをしたりして、人生を立て直していかれたりします。まさに命がけの大仕事といった感があります。
 
 
 
摂食障害の患者教育用パンフレット
摂食障害と闘う医療関係者・ご本人・ご家族の方にとても分かりやすいパンフレットです。自由にご利用ください。
(国立病院機構長崎病院小児科錦井友美先生のご好意で載せさせていただいております。)

 「摂食障害のからだ版(PDF)」     「摂食障害のこころ版(PDF)」
 
 
▲PageTop

心身症について

 
  不登校はじめ様々な身体症状や心理的な症状で受診されます。基本的に外来治療で、カウンセリングや投薬、環境調整などを行っていますが、入院治療を行う場合もあります。入院によって環境を変えて、愛知県立大府特別支援学校からの訪問教育をお願いしたり、病院から登校したりする場合もあります。
基本的に見立てが重要で、それによって治療法も変わってきます。
 
 
▲PageTop

発達障害について

 
  当院は療育施設ではありませんし、特別な精神科病棟を持っているわけではないので、基本的に外来で診断と必要なお子さんには投薬、本人やご家族に進路やどっちを向いて何をがんばったらよいかなどの方向性のカウンセリングを行っています。

※ すべて予約制です。小児科外来にお電話ください。
  予約受付時間はこちらです。
 
心理初診     平日(月〜金)   12:15〜13:00
心理再診     平日(月〜金)   13:00〜16:00

※ 井口医師の心理外来のご予約は年長児以上でお受けしております。
 
 
▲PageTop
 
産婦人科・内科・心療内科・小児科・再生医療科(歯科口腔外科・形成外科)
医療法人 東恵会 星ヶ丘マタニティ病院
〒464-0026 名古屋市千種区井上町27番地
TEL : 052-782-6211(代表)
Copyright (C) Hoshigaoka Maternity Hospital All Rights Reserved