RSウイルスワクチン

RSウイルスワクチン(アブリスボ)の妊婦様への接種が始まります。

世界中に広く分布しており、生後1歳までに50%以上が、2歳までにほぼ100%がRSウイルスに感染します。
乳幼児における肺炎の約50%、細気管支炎の50~90%がRSウイルス感染症によるとされています。
症状は感冒様症状から下気道感染に至るまで様々ですが、特に生後6ヶ月未満で感染すると重症化することが示されています。
また、合併症として無呼吸、急性脳症などがあり、後遺症として反復性喘鳴(気管支喘息)があります。

アブリスボを妊婦様に接種することにより、RSウイルスに対する抗体が母体で作られます。
そして抗体が胎盤を介して胎児に移行することで、新生児および乳児におけるRSウイルスを原因とする下気道疾患の重症化を防ぐことができます。

予約開始日 2024年6月10日(月)から
接種開始日 2024年6月15日(土)から
接種対象 妊娠24週から36週の妊婦様
[当院推奨週数] 28週から35週の妊婦様

※接種後14日以内に出産した場合、抗体の移行が十分でない可能性があり、
有効性は確立していません。

接種方法 0.5mlのワクチンを筋肉内に接種
接種回数 1回
料金 当院で妊婦健診を受けられている妊婦様は33,000円
他院通院中の妊婦様は35,000円(ワクチン代+初診料)

※他院通院中の妊婦様で、切迫早産等合併症がある場合は、事前に当院にご相談ください。

当日、妊婦健診もご希望の妊婦様は、妊婦健診のご予約もお取りください。

体調などによっては、当日接種できない場合があります。